トップ «前の日記(2016/01/18 (月) ) 最新 次の日記(2016/01/20 (水) )» 編集 RSS feed

HsbtDiary


2016/01/19 (火) [長年日記]

はじめてUNIXで仕事をする人が読む本を読んだ

今年の積ん読消化。Linuxシステム実践入門と似た系統とは思うけど、2つ合わせて読むとちょうどいいかな。実践入門には cat と echo だけで何かをするという内容は書いてないけど、こちらの本には UNIX エンジニアは時にしてエディタすら起動できない環境でも作業をする必要がある、という割と硬派なスタンスの本。

トラブルシューティングの切り分け方や OSI 参照モデルとネットワークレイヤのマッピングなど、UNIX に限らない普遍的な内容についても記載しているので良い本と思う。


はじめてUNIXで仕事をする人が読む本 (アスキー書籍)
木本 雅彦/松山 直道/稲島 大輔/株式会社創夢
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
(no price)

サントリー美術館 水 神秘のかたち展を見てきた

メンバーズクラブのみの内覧会として、サントリー美術館で開催中の「水 神秘のかたち展」を見てきた。相変わらずガラガラで人は4組くらいしかいなかったかな。内覧会、ほんとによい。

展示の方は水をテーマに日本美術のいろんなものを集めたという感じの展示。特に目立つような何か、が展示されているわけではない地味な展示だけど、宇賀神とか、宇賀神を頭に載せているのが弁財天、というようなへー、ほー、という知識をえることができたので、メンバーズクラブとして見に行く分にはお得だった。