トップ 追記 RSS feed

HsbtDiary


2018/10/15 (月) [長年日記]

TUTUO 60W USB C PD 充電器を買った

以前に買った MATECH の 60W PD 充電器が通電しなくなって、故障の連絡をして交換した交換品がびっくりすることにその日のうちに壊れてしまって、さすがにこれはちょっとと交換希望のメールをだしたけど、二回目の故障の連絡に全く返事がこないまま時間が過ぎてしまったのでもうあきらめることにした。2000円だったのでまあね、って感じではあるけどここまで使い物にならないものを買ったのは久しぶりだったので辛い。

で、60W な PD 充電器は依然として必要なので TUTUO というメーカーの類似品を買って過ごすことにした。これはこれで今日の時点で Amazon から消えていて不穏なんだけど、しばらく頑張ることにする。

エンジニアのためのデザイン思考入門を読んだ

しばらく前に読み終わっていたんだけど記録を書いてなかった...

kdmsnr さんの章はいつもののりでシュッと読めたけど、いろんな立場と職業の人がそれぞれの思う所を書いたという感じで、全体的な統一感がちょっとなかったのが惜しかった。

中にあるコラムで藝大の人と工大の人が共同作業をしているときに、藝大の人は「いい感じに」みたいな抽象表現を多用して会話しても、藝大では通じていたけど外の人には通じないというのを知って、ちゃんと伝えようと思いました。という他の文化の人と協業することで気が付いたというエピソードが特によかった。

まずは雑に作る、というのをもっとやっていかないとなあ。


エンジニアのためのデザイン思考入門
東京工業大学エンジニアリングデザインプロジェクト/齊藤 滋規/坂本 啓/竹田 陽子/角 征典/大内 孝子
翔泳社
(no price)


2018/10/14 (日) [長年日記]

JAL の FLY ON サファイアになった

今まで妻の家族会員としてのスーパーフライヤーズ会員として ANA を中心に使っていたんだけど、今年は一念発起して oneworld の JAL も同じような永続ステータスの JGC を目指すべく国内と国外を飛び回った結果、10月からサファイア会員になって、JGC の利用登録もすることができるようになった(まだ完了の通知はきていない)

今年は国外だと台湾、フィリピン、フランス、韓国、オーストラリア、国内だと沖縄、福岡、札幌、女満別というフライト履歴で 50000 FLY ON ポイントが溜まったという実績。オーストラリアは完全に修行目的で行ったのだけど、それ以外はカンファレンスや何かしらの目的があった旅行という感じだったので苦労した、という感じではなかったのが良かった。

これで、日本から行ける場所はANAもJALも良い感じにルートを選べるようになったので、もうしばらく行ったことのない土地に行って、その土地を知る、という暮らしをしてみようと思う。


2018/10/13 (土) [長年日記]

バルミューダのトースターを交換した

先週くらいにバルミューダのトースターの初期型がリコールを行うということで家のトースターを確認したら対象だったのでシュッと交換を申し込んだ。

https://www.balmuda.com/jp/support/notice/toaster-program-2018/

実は申し込んだのも忘れていたんだけど、ヤマトが交換用のリニューアルモデルを持ってきてくれて、その場で箱に交換対象のモデルを入れ替えて回収という形で、自分たちで詰め替えて集荷連絡というのをしなくてもよく楽だった。リニューアルモデルはダイアログの表記がワットではなく温度に代わってるなど細かいところで使いやすくなってる感じだった。

バルミューダが話題になった時にトースターを買った人はもれなく対象だと思うので申し込むと良さそうです。

東京国立近代美術館工芸館と国立公文書館に行ってきた

東京国立近代美術館工芸館で開催している「インゲヤード・ローマン展」を見てきた。神保町までメトロで移動してから、スヰートポーヅで昼食を食べてそこからは徒歩で皇居周辺を歩きつつ工芸館へ。工芸館、初めて行くけど東京には珍しく道の果てにあるという建物だった。企画展はガラスと陶器の器のデザインを眺めるというものだったけど、これらが工芸館の作りと良い感じに調和していてよかった。

この後は近くにある国立公文書館へ。この建物も存在をあまり知らなかったけど、ニュースで聞いたことあるやつかー、という程度で中の特別展をぶらっとみてきた。大日本帝国憲法の原本が展示されていたりと、確かにこれは公文書だ。という歴史上の重要な文書を思い出しながら序文を確認するなどしてなかなか面白かった。

東京国立近代美術館の「アジアにめざめたら」展を見てきた

工芸館、公文書館に続いて国立近代美術館で開催している「アジアにめざめたら」展を見てきた。日本、韓国、シンガポールそれぞれの近代美術館の共催でアジアの文化、歴史、民俗などにフォーカスした現代アートが中心で久しぶりにこれこれ、という内容の現代アートを見ることができた。

森美術館で開催されていたサンシャワー展もだけど、近年のアジアの現代アートは日本による占領と国家と独立、経済発展と多様な人種というのを元に、ややダークサイドな作品が中心となりつつも、色々と考えさせられるものが多くてかなり楽しい。特別展の後は常設展をいつも通り定期巡回。

この後は日本橋の高島屋に東西線で移動して、大北海道展でパンやお菓子を買ってから帰宅。お疲れさまでした。