トップ 追記 RSS feed

HsbtDiary


2017/09/16 (土) [長年日記]

美術手帖 2017年9月号 を読んだ

写真家とその作品特集ということでふんふん読んで終わりという感じ。いまいち写真をアートとして認知・理解できなくてむずい。楽しみ方をだれか教えてほしい。


美術手帖 2017年9月号
美術手帖編集部
美術出版社
¥ 1,728

台所の水道蛇口に分岐水栓を付けた

うちのマンションの台所の水道蛇口は TAKAGI というメーカーのものでビルトインの浄水機能が備わっている。この浄水機能は定期交換が必要なカートリッジタイプでマンション購入時に定期交換用のカートリッジの契約をするかどうか、という話があったものの、我が家はもう浄水器を持っているので契約はしないことにした。

最近、少しずつ家の古いものや設備を整えているやつも浄水器まで手を出せるようになったので、TAKAGI の浄水機能は使わずに持っている浄水器を取り付けることにした。これ、最初は水道工事の業者に施工をお願いするつもりだったんだけど、TAKAGI は部品を一般には卸していないらしく、業者も TAKAGI の蛇口については施工できない、とか施工できる範囲から分岐して台所に穴をあけるというようなことしかできないということで結構困った感じになっていた。

しょうがないから、穴をあけるかーと思っていたところに、TAKAGI が食洗器向けの分岐水栓を販売しており、さらに分岐水栓の先は独自の規格ではなく一般的な水道部品で浄水器まで接続できることがわかったので、規格を全部そろえたうえで部品を楽天で注文、施工は自分でやることにした。

photo

まずは上のような TAKAGI の水道蛇口があるので、元栓を閉めたのちに分岐水栓に記載されている通りの手順で六角レンチを使って分解する。

photo

中身はこういう感じ。パーツは結構細かいものがあるので台所のシンクに落ちないように、事前にタオルなどを引いたうえで全部分解、分岐水栓を付けてから元に戻す、というような作業を進める。実際にやってみると意外とあっさり終わった気がする。

photo

最終的には写真のように、今まで通りの水道蛇口は使える状態に加えて分岐水栓から水も出せて、なおかつ浄水器に接続して使うことができる、という状態になった。めでたしめでたし。

今回の件で台所の水道周りについてはちょっとクワシクなったので、TAKAGI 製の蛇口をもっていて、分岐水栓をつけたいという人がいたら呼んでください。


2017/09/15 (金) [長年日記]

Ruby の安定バージョンのリリースの手伝いをしていた

久しぶりに Ruby の安定バージョン3つがすべてリリースされた。

今回は脆弱性への対応もあることから、 hackerone で管理している vulnerability reports の棚卸や、triage をしつつ、rubygems, json のパッチを作ったり、なぜか落ちるテストを直したりというのをちょくちょくやっていた。

あと、リリース作業、ブランチメンテナである unak さんと nagachika さんがパッチをマージして tar.gz
作成して公開して終わり、というだけで作業は終わるわけがなく、パッチをマージしたら tar.gz を作成...しようとしたらパッケージングスクリプトが変更されまくっていて安定版ブランチからパッケージを作成しようとしたら落ちるとか、そういうのが毎回トラブっていて、リリースノート書いたけど url がミスっている、ということも多々あるので、それらのダブルチェック係をしていた。

パッケージングスクリプトはホントにつらくて、「たまにしかない大事な作業」というなかなか改善するのが難しいやつなので、こんどの合宿の時にでも絶対に直す、と強い決意を持ったのだった。あとはパッケージできたけど、中身が期待と違うのでやり直し、とかも多くてつらい。

あとは、Travis などに毎回パッケージを作成させてエラーの気づきをもっと早くする、とかパッケージの中身が大きく変わったら警告する、とかそういう感じかなあ...仕事じゃないのに仕事みたいにちゃんとプロセス化するってやつ、加減を付けないでガッとやりすぎて疲れるので台湾あたりのリゾートホテルに行ってやりたい。

ruby-build v20170914 をリリースした

安定版の Ruby がリリースされたので ruby-build もリリースして homebrew に pr 投げるなどしていた。

https://github.com/rbenv/ruby-build/releases/tag/v20170914

release note には細かい修正で書き方に悩んでしまったので省略してしまったけど、pyenv メンテナの @_yyuu さんからのパッチもはいっていて、出力がおかしい箇所がいい感じに修正されている。いつもありがとうございます。

ご利用ください。


2017/09/14 (木) [長年日記]

High Sierra の APFS 周りで落ちるテストを直したりした

そろそろ High Sierra リリースされるし、RubyKaigi 2017 も近いしまずい!!1と、なかなか筆が進まない発表準備の逃避で落ちるテストを直したり調査していた。

https://bugs.ruby-lang.org/issues/13816

一番最初に修正された TestDir_M17N#test_filename_extutf8_invalidTestDir_M17N#test_glob_encoding については naruse さんが修正した APFS では invalid な文字でファイルを作成できないよってやつだけど、まだ二つ残っていたので続きを調べた。

TestFileExhaustive#test_atime は、APFS がアクセスタイムを nano 秒まで保持するようになったことで、atime が微妙にずれて不一致となっているというやつ。

<2017-08-15 10:21:18 +0900> (795278193[ns]) expected but was
<2017-08-15 10:21:18 +0900> (801104909[ns]).

これは、「そうだね」以上のことはないので to_i して秒のオーダーで比較するようにして押し通すことにした。次の TestFileExhaustive#test_expand_path についてはこれは先の invalid な文字列のファイルが〜という内容と同じだったので、APFS の時は skip するようにした。

後、13816 を報告した時は発生しなかったけど、High Sierra Beta 9 + Xcode 9 GM だと TestVMDump#test_darwin_invalid_call が以前に直した不具合が再発しているというのを見つけたので https://bugs.ruby-lang.org/issues/13895 で報告してから naruse さんとデバッグコードを埋め込みつつ調査などしていた。

結局、13895 もそれっぽく直ったので High Sierra でも Ruby のテストは全部動くようになった。めでたしめでたし。